--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2009.11.01 15:04

バタバタいろいろしているうちに、
書きたい事ばかりがたまっていき・・・

毎日更新出来ていた頃が懐かしいです。

来週は、Maちゃんの幼稚園、
1週間、インフルエンザで閉園です。

もともと、2日は来春の入園手続き日で、
4連休の予定でしたが、9連休になってしまいました。

さてさて、どうして過ごしましょうか。
そんな日々です。


では、青森旅行のお話の続きです。

宿泊したお宿が、素敵なところだったので、そのお話しを。

青森旅行8

今回のお宿は三沢市にある、 古牧温泉「青森屋」さん。

こちらのお宿は、 軽井沢にある星のやなどを運営する、
星野リゾートの運営施設に、数年前になりました。

その事を、TV番組で見て、いつか行ってみたと思っていたお宿でした。

施設のリニューアルは段階を追ってされているようでしたが、
今回訪ねてみて、パブリックな部分のリニューアルは、
かなり進んでいるように感じました。

また、従業員の方々が、とても生き生きされていて、
チェックインから、気持ちの良い接客を受けました。

さて、お宿へ到着したのは17時頃。

夕食が19時からということで、お部屋でちょっと休憩をしたあと、
さっそく浴衣に着替えて、温泉へと向かう事に。

青森旅行9

MaちゃんとWaちゃんサイズの浴衣もあって、
着替えたふたりは、大興奮で。

部屋中、あっちこっちへバタバタバタバタ。

ここは家ではない事。
まわりに音で迷惑がかかる事などを、
言いきかせるのに、苦労しました。

幸いだったのは、角部屋だったということ。
さらに、となりのお部屋とも、
部屋通しが接していなかったということでしょうか。

おかげで、我が家はとても静かに滞在することができました。
(我が家の階下の方はどうだったでしょうか・・・汗)

青森旅行10

ところで、青森屋さんは、お食事処や、大浴場、お土産物屋、
マッサージ処?に、ちょっとした居酒屋スペースに、カラオケ、
そして、イベント広場などが、地下1階に集約されていました。

この作りは青森屋になってからとのこと。

ちょっとお部屋から歩く距離はあるものの、
人のにぎわいや楽しい感じにつながっているように感じました。

温泉大浴場の方も、昨年リニューアルされたようで、とても良かったです。

内湯は、熱湯とぬる湯の湯船に分かれていて、
Waちゃんを安心して入れることが出来ましたし、
何と言っても圧巻だったのが、露天風呂の「浮き湯」。

池に浮かんでいるような作りの湯船からは、
ライトアップされた庭を見ることができ、とてもきれいでした。

ちなみに、Yoさんと一緒に入っていたMaちゃんは、
この浮き湯が、とてもたのしかったようです。

さて、温泉に入りお部屋に戻ると、
あっという間に、夕食の時間に。

青森旅行11

今回は、2ヶ所から夕食処が選べたのですが、
「みちのく祭りや」という、
青森のお祭りを楽しめるお食事処のほうを、
選択してみました。

これが、結果正解。

特に、お祭り大好きなWaちゃんが、
ステージに釘付けで。

約2時間の夕食時間だったのですが、
しっかり食べて、ショーも最後まで見ることができました。

青森旅行12 青森旅行13 青森旅行14

お料理の内容は、食事が付いたMaちゃんの方は、
最初に、1枚目の写真のお子様プレート。

Maちゃんの好きな、スパゲティーに海老フライ、唐揚げ。
Waちゃんの好きな大きなウインナーなどが乗っていました。

残り2枚が、大人用のお料理。
海が近いので、やっぱりお刺身系はおいしく感じました。

そして、ここのメインのお料理が、 5段のセイロ蒸しお料理。
蒸し野菜に、点心、魚と肉に、おこわが入っていました。

食事が始まってから、タイミングを見て、一斉にテーブルに提供されるので、
楽しい演出だなぁと思いました。

ちなみに、お子様用にもセイロ料理があって、
そちらは、3段で、オムライスと、ハンバーグと点心でした。

この後、八戸のB級グルメ、せんべい汁と、デザートプレートが出たのですが、
ビールも入り、食事に夢中だったので、写真を写すのを忘れてしまいました。

料理に使われている食材は、きっと地元の物が中心という感じで。
派手なお料理や、旅館のお料理という感じではありませんでしたが、
おいしくいただくことができました。

さて、ほぼ食事が終わったところで、ショーがスタートしました。
今まで、お食事を提供していた、お兄さんやお姉さんがステージへ。

青森の夏祭りの、お囃子などが、披露されました。

だいたいの内容はこちら。

三大祭山車&お囃子披露(青森ねぶた・弘前ねぷた・八戸三社大祭)
津軽三味線・民謡披露
よさこい演舞披露&体験
五所川原立ちねぶたお囃子披露

青森旅行15

津軽三味線と民謡は、地元のプロの方が演奏していましたが、
他は、宿の従業員が演じていて。

その元気な姿が、宿の元気さという感じがしました。

そうそう、ショーの途中で、記念日の人達のお祝いコーナーがあって、
私たちも、結婚記念日旅行と申告していたので、
お祝いをしてもらいました。

それと、お祝いにと、お祝いメッセージが書かれた、
ヨサコイで使う[鳴子]もいただいて。
とても、良い記念になりました。

ショーが終わって21時過ぎ。

いつもは寝ている時間のMaちゃんとWaちゃんだったので、
もうちょっと、地階で遊んでいたいところでしたが、
まっすぐお部屋に引き上げて、お休みの時間となりました。

あ。
本当は、お部屋に戻ってもう一杯と思っていた大人チームでしたが、
チビーズを寝かしつけながら、一緒に休んでしまいました。

そのためもあってか?
翌朝は、Yoさんは5時に起床し、朝一番で温泉へ。

私は、チビーズを置いて行くわけにもいかず。
朝食時間も早かったので、泣く泣く朝風呂はあきらめました。

さて、朝食は、昨夜、選択しなかったお食事処の方でのバイキング。
これがまた、地元の食材を使ったおいしそうなものがたくさん並んでいました。
ここで紹介できないのが残念です。

青森旅行16 青森旅行17

MaちゃんもWaちゃんは、おかゆと味付けのりを中心に、
もりもりとたべていました。

ここのお食事処では、すごくいいなと思ったことがあって、
子供用のイスはモチロン、普通に準備されていたのですが、
それ以外に、ベビー用のハイチェアーも準備されていたのです。
これには驚きました。

また、案内する席も、小さな子供連れの家族は、
できるだけ同じエリアに案内していたりして。

ちょっとしたことですが、そういう心遣いが感じられて、
朝から気持ちが良かったです。

美味しい朝食をいただいた後は、急ぐ旅でもないので、
チェックアウトの時間まで、お部屋でまったり過ごしました。

今回、案内していただいたお部屋は、
高層階だったので、MaちゃんもWaちゃんも、
気がつくと窓際で遊んでいました。

眼下に、お宿の敷地内を走る、地元電鉄の電車や、
敷地脇を走る、JRの電車などが見えたので、
外の景色を眺めるのが楽しかったようです。

そんなのんびり時間をすごしつつ、私はというと帰りの荷造りをしていたら、
あっという間にチェックアウトの時間になった感じも。

本当は、チェックアウト前に売店でお土産を買う予定でしたが、
結局、のんびりしすぎて、チェックアウト後に売店へ寄る事になってしまいました。

青森旅行18

地階の広場は、チェックアウト時間過ぎということもあり、
昨夜の賑わいとうってかわって、人もまばら。

昔の玩具のコーナーで、MaちゃんとWaちゃんが夢中で遊んでいる間に、
その向かいにある売店コーナーで、
私はYoさんと交替で、ゆっくりとお土産を見ることができました。

これも、チェックアウト後の人がいない時間だったからかな。

さてさて、長くなってしまいました。
これでお宿のお話しは終わりです。

次は二日目のお話しを書こうと思っています。
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

| 旅行 | コメント(2) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | | 2011.12.08 10:47 |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | | 2013.01.31 20:07 |

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。